名刺

大事な名刺印刷に関するポイントを初心者向けに解説するサイト

個性豊かな名刺印刷

皆さんはどのような名刺をお持ちでしょうか。名刺に対してこだわりを持ったことがないといった方も多いと思いますが、名刺を渡す相手に強い印象を残したいのであれば、個性的な名刺を渡されることをおすすめします。
名刺印刷のプロは個性的な名刺印刷に力をいれています。そのため、特別な人に渡すための名刺などは一風変わったものにしたいといった方に好評となっています。
では、一風変わったものとはどのようなものでしょうか。デザインが素敵であったり、イラストが入っていたりといった名刺はもはや主流化しており、名刺印刷のプロはそれ以上の個性を求められています。そのため、名刺印刷の業者においては、紙に印刷するだけに留まらず、木材やガラスなどを名刺の材料にしているといった個性を活かした名刺作りに特化している企業が増えています。
紙の名刺の場合はチラリと名前などを確認して終わるような場合でも、渡された名刺がガラスや木材だったら誰かに見せたくなるはずです。そうすることで、より多くの人名刺が見られることとなり、印象を残すことができます。いつもの名刺に特殊な名刺を数枚プラスして準備しておき、ここぞというときに渡してみるのもおすすめです。

名刺印刷にかかる料金について

ネットで名刺印刷の注文をしようとした時は、最後に料金の支払い手続きが必要です。100枚頼んだなら約1000円から1200円くらいが料金の相場ですが、ネットなので更に送料を負担しないといけません。送料は依頼した所が注文場所から近いなら350円ほどで、距離が離れているなら550円かかることもあります。
料金の支払い方は銀行振り込みからクレジットカード決済など色々あります。代金引換を選択した際は、別途費用が350円ほど必要となるので用意しておきましょう。
注文を出す際に何らかのデザインを加えた時は、名刺印刷料金の他にも費用が加わります。枚数とデザインした内容により異なりますが、普通に印刷の依頼をした場合より数1000円ほど余分にかかるので、お金を余分に用意しておいた方が得策です。ただ、安く作業をできるサイトを選んだ場合は、幾分費用が抑えられます。
直接印刷会社かどこかの名刺専門の業者の所に足を運んだ場合は、名刺印刷にかかる費用は100枚で約1000円前後です。作業が終わったら手渡してくれる形式なので、ネットのように宅配料金を取られることはありません。あと、特殊なデザインを加えたいと要望した場合は、その分費用が発生します。

初めて名刺印刷の依頼をする時は

初めてネットのサイトから注文する時は、会社の同僚か慣れている人に手伝ってもらうと楽です。初心者が名刺印刷の注文を出そうとすると、誤って数字の入力を間違えてしまうことがありますが、誰かが横にいるのでその心配は不要です。
作業を終えるとやり方を覚えるので、次からは簡単に注文を出せるようになります。恐らくですが、誰かに助けてもらう必要はなくなっていることでしょう。
どこかの印刷会社に立ち寄って名刺印刷を頼むと、声が上手く出ないかもしれません。初経験なので、緊張のあまり声がでないのはありがちなことです。手に人の字を書いて飲む仕草をしたり、深呼吸をすれば少しは気が楽になります。気持ちが落ち着いたら、はっきりと業者に依頼内容を伝えていくと良いです。
初めてなので、会社から手渡された名刺と同じ物を頼むと良いです。所持している名刺を取り出して、全く同じタイプを作るように説明すれば業者も納得してくれます。あと、この時は沢山の名刺の注文をするとは考えられないです。多くても数十枚と予想されるので、次の日に再び業者の所を訪れれば依頼した名刺を渡してもらえます。
名刺印刷は意外と簡単に注文できるので、慣れればすぐにやり方を覚えられます。デザインを設定する時はややコツが必要ですが、不要なら加えなくても大丈夫です。

注目の記事

見所一覧

このページのトップへ